さんぽみち

みんなの集まる場所がある

2021.05.19

フォトで紡ぐ

幼稚園のあちこちに飾ってある「フォトアート」。その年に集う子どもたちと職員の写真を一枚の大きなアートにしたものです。共に遊び、共に学び、共に生活した一人一人の証を幼稚園のどこかに残したいという思いからスタートして、早10年が経過しました。

卒園した子たちは今どうしているのか。元気にしているのか。フォトを見ると思います。その瞬間の想いまで蘇ってくるものです。子どもたちが大きくなるのは本当にあっという間。自ら世界をどんどん広げていることでしょう。今はコロナで制限がありますが、解除になったら是非園へ足を運んでください。幼稚園で過ごした大切な時間を共に振り返り、思い出に浸りましょう。子どもたちや保護者さまに会えることを楽しみにしています。

 

その年の子どもたちを見つめながら辿った歩みは次の通りです。

平成23年度「未来へはばたけ こどもたち」

平成24年度「笑顔のつながり」

平成25年度「ありがとうの木」

平成26年度「であえてよかった」

平成27年度「今、ここに ~小さな足あと~」

平成28年度「夢 大きく」

平成29年度「みんなの輪」

平成30年度「あしたに たねをまこう」

令和元年度「みんな色の花を咲かせよう」

令和2年度「みんなの集まる場所がある」

この取り組みは、第3回 こどもがまんなかPROJECT アワードにて優秀賞を受賞しました。受賞の理由は、子供が真ん中に位置づけられていること、永年にわたった取り組みであること、他園にはない取り組みであることが認められてのことです。